不動産鑑定・評価、コンサルからセミナーの企画運営まで

実例集

唯一無二の特殊なものである不動産(土地)は一般の商品とは異なり、個々に適正な価格をつけることは非常に困難です。しかしかつてのバブル期のような状況を避けるためにも、不動産(土地)も適正な価格で取り引きされなければなりません。

そこで不動産の専門家である不動産鑑定士が、不動産鑑定評価基準に基づいて不動産の評価を行います。不動産の評価は、快適性や利便性、収益性、需要といった地域の環境や諸条件から鑑定が行われます。不動産を担保にしたい、不動産を賃貸借したい、相続のため、課税上の不服を申し立てしたい…などの際には、不動産の適正な価格を知っておかなければなりません。そのような場合に、土地評価(不動産鑑定評価)が必要となるのです。

ここでは長年に渡る弊社の実績を、分かりやすい実例集として紹介しています。

土地評価の基本的な考え方
特殊な画地の評価
大規模画地の評価
特殊な条件下での評価
借地権・底地の評価
林地の評価
収益不動産の評価
建物の評価
広大地の評価
お問い合わせ
会長ブログ [月いちコラム]芳賀則人の言いたい放題! [対談ブログ]こんにちは、芳賀則人です
YouTubeチャンネル 不動産鑑定士 芳賀則人 言いたい放題 東京アプレイザル物語 日経私の道しるべ 経済界10月号
PAGETOP

Copyright © 株式会社東京アプレイザル All Rights Reserved.