不動産の価格調査・鑑定評価とコンサルティング業務からセミナー企画・運営まで
不動産に関する全てのご相談にお応えします。

[スタッフブログ]斎藤紀明が斬る!

家督相続と事業承継2016.08.15

前回の【相続・事業承継クイズ】の解答編で、わが国には創業から100年以上の業歴をもつ老舗『100年企業』が約2万6000社存在すると書きました。さらに言いますと、創業から200年を超える企業も約2400社存続しています。このように、100年、200年、あるいはそれ以上の長い伝統と歴史を有する企業が日本には数多く存続しており、それらの老舗企業数は世界一なのです。しかも、世界中の「100年企業」の数を全て足し合わせるよりも日本の老舗企業の数が上回っているそうです。

そのように100年企業が数多く存続できた最大の理由として、日本が外国による侵略や植民地化されたことがないという歴史的な背景があげられています。歴史上、外国に侵略されたり植民地として他民族の支配を受けた国では、その国古来からの事業者は外的要因によって消滅させられてしまい、諸外国では長い歴史を有する企業がほとんど残されていません。その点、日本は他国の侵略を受けたことも植民地として支配されたこともなく、太平洋戦争の敗戦後もGHQの統制は受けたものの基本的な自治は認められていたため、多くの企業が今日まで存続することが出来ました。

そして、もう一つ忘れてならないのは、わが国が「家督相続」の国だったことです。「先祖代々の家業を、長男が家督相続する。その他の兄弟姉妹は一族をあげて家業を守り存続するために協力する。」そのような家督相続の制度があったことで、100年はおろか300年、500年、1000年という気の遠くなるような長きにわたり伝統を守ってきたのです。しかし、先ほど述べたGHQ支配下時代、基本的な自治は認められていた一方で「民法」は大改正され、家督相続は廃止されて「均分相続」の制度が導入されました。一説によると、家督相続では家を継げるのは長男だけであり、継ぐべき家がない次男・三男などが兵隊として駆り出されて「カミカゼ特攻隊」のような死を恐れぬ戦争の先兵となったことから、その家督相続制度を消滅させれば将来の日本は戦争をしない国になるであろうとの見込みから廃止させられた、とも言われています。ことの真相はどうであれ、戦後の新民法の下で均分相続が定着したことで、古来から続いてきた「家督相続的な」事業承継は困難となりました。そのため、遺留分や代償分割など、兄弟姉妹間の公平・平等に配慮した相続対策・事業承継対策が必要になったのです。

また、税制面についても大きな変化がありました。「相続税」です。【相続・事業承継クイズ】に出題しましたとおり、わが国に相続税が導入されたのは明治38年(1905年)日露戦争がきっかけでした。すでに相続税が日本に導入されて100年以上は経過していますが、戦前は「賦課課税」であり、税率も低く税負担もそれほど大きなものではありませんでした。少なくとも、相続税の負担が円滑な事業承継を阻害するほどの影響はなかったとされています。しかし、戦後の申告納税制度の導入、さらに高度経済成長期を経たことで、地価高騰による相続税負担の増大、最高税率の引き上げ、その他各種の税制改正を経て、相続税(そして贈与税)の負担が円滑な事業承継の阻害要因となってきました。

このように見てくると、戦後の民法および相続税制は、いずれも「100年企業」が過去に経験したことがないような、円滑な事業承継を阻害する「壁」となって立ちはだかっている事がわかります。このため、100年企業、200年企業がこれまで代々受け継いできた事業を将来にわたって円滑に承継するためには、従来の代替わりのときには必要がなかった法律対策と税金対策が必要となりました。

そこで私たちは、昨年「一般社団法人 事業承継検定協会」を設立して、【事業承継スペシャリスト検定講座】(全5講座・10時間)と、【事業承継マイスター検定講座】(全15講座・45時間)を立ち上げました。【事業承継スペシャリスト検定講座】は初級・入門者向け、【事業承継マイスター検定講座】は中上級向けという位置づけで、いずれも全講座受講後に検定試験があり、合格された方は【事業承継スペシャリスト】、【事業承継マイスター】として認定登録されます。【事業承継スペシャリスト検定講座】では、事業承継対策に必要な基本的な法務・税務とあわせて、最新の情勢にあわせたM&A・組織再編・民事信託などの講座を受けることが出来ます。そして【事業承継マイスター検定講座】では、実務に即した法務・税務の知識や事例と共に、自社株評価・債務保証・事業再生・会社法・一般社段法人の活用・医療法人の事業承継・生命保険の的確な活用など、幅広い分野の実践的な講座で学んでいただけるカリキュラムとなっています。

ぜひこの講座を受けて、事業承継スペシャリスト・事業承継マイスターとして中小企業の円滑な事業承継の現場でご活躍ください。

 

★【事業承継スペシャリスト検定講座】のお申込みはこちら

★【事業承継マイスター検定講座】のお申込みはこちら

東京アプレイザル物語

斎藤紀明が斬る

お問合せはこちら

03-3208-6271
03-3208-6255
平日 9:30 - 18:00

フォームにてお問合せ

pagetop