不動産鑑定・広大地判定から不動産コンサルティングまで
東京アプレイザルの業務をご紹介

路線価評価支援業務

税理士事務所・会計士事務所支援システム
[財産評価基本通達による不動産評価]に必要な調査・資料作成を代行

不動産の専門家が、調査・資料作成を行いますので安心です

  • 公図からCADによる間口・奥行及び蔭地割合を算定します。
  • 路線価があっても、建築基準法上の道路とは限りません。
  • 見逃しがちな不動産調査のポイントをご指摘します。

※既に作成済の調査・資料内容のチェックも行っております。≫詳しくこちら

業務内容&メリット

わずらわしい現地調査(間口計測、現況利用調査等)を代行します。
わずらわしい全部事項証明書・公図・地積測量図・建物図面等の取得を代行します。
わずらわしい役所調査(用途地域・都市計画道路の有無、埋蔵文化財包蔵地の確認・道路確認)を代行します。
公図・現地調査から「CAD」により、間口・奥行・想定整形地・蔭地割合を算定しますので、説得力があります。
遺産分割協議及び売却交渉時に必要な「時価」を算定します。

底地・無道路地・低層アパートなどの「低収益物件(不良資産)」の特定ができるため、処分が円滑に進みます。
時価を算定しているため、納税資金の確保に必要な売却物件の特定・交渉が速やかに行えます。
現地調査を行っているため、「広大地」該当物件が特定できます。

全相続物件の調査・査定を専門家に依頼することにより、相続問題が発生せずスムーズに進行します。
また、相続が発生していなくても、遊休地・無道路地・底地・低層アパート等の不良資産の事前処理が行えます。
さらに、実勢価格の把握ができているので、売却・有効活用のための「ポートフォリオ分析」が可能です。

ご利用の流れ

路線価評価チェック業務

調査・資料内容をチェックします

必要資料

  • 路線価評価
  • 公図
  • 登記事項証明書
  • 住宅地図
  • 画地形状が分かる資料(間口、奥行などがわかるもの)

東京アプレイザル物語

斎藤紀明が斬る

お問合せはこちら

03-3208-6271
03-3208-6255
平日 9:30 - 18:00

フォームにてお問合せ

pagetop